収入証明書不要のキャッシングとは?|お金借りたい至急

収入証明書不要のキャッシングとは?

収入証明書不要のキャッシングの魅力

実は、消費者金融系でも銀行カードローンでも、最近の貸金業者では「収入証明書不要で借りられる」というのが基本になっています。魅力はやはり

  • 「手間がかからないこと」
  • 「収入証明書を紛失した方でも借りられる」

ということなどでしょう。(本当は収入がないのにウソをつく…というのはダメです。自分のためにダメです。返済で困るのは自分なので)

 

 

収入証明書が必要なキャッシングと不要のキャッシングの違い

収入証明書が必要な場合と不要な場合で、何が違うのか。これは「希望金額」です。借入希望金額が50万円以下なら、ほとんどの貸金業者で「収入証明書不要」です。業者や銀行によって100万円までなど金額が変わることもありますが、ともかく一定の金額の範囲内で、収入証明書なしでOKということです。

 

 

同じ金額でも、職業の安定性によって必要になることも

ただ、このような金額の範囲内でも、たとえば自営業の方は大抵提出が必須です。不安定な職業なので、本当に稼いでいるかどうか確認したい…というわけです。また、自営業でなくても勤続年数が短かったり、年収が少なかったり、現在の借入総額が多かったり…という風に何か不安視される要素がある人の場合は、収入証明書が必要になることもあります。

 

 

収入証明書が不要なキャッシングは、怪しくないのか?

怪しくありません。冒頭に書いた通り、今はこれが銀行でも消費者金融でも普通になっています。多くの利用者が、こういう書類の提出を面倒くさがりますし、実際30万円や50万円レベルの金額だったら、普通の社会人は確実に返済できるからです。ですので、別に提出を必須にするまでもないんですね。
これらは貸金業法や利息制限法によって定められたルールなので、国もそう認定しているということです。「30万円程度だったら、収入証明書などなくても大丈夫だろう」と国が判断したということですね。なので、まったく怪しくはないのです。

 

 

収入証明書なしでも、ウソをついてはいけない

これも上にも書いた通りですが、いくら収入証明書を出さなくていいとはいっても、ウソはついてはいけません。あくまで本当の自分の収入を申告して、それによって審査を通過する必要があります。ウソの年収を申告しないと通らないという場合、いざ借り入れしても返済で相当苦しむことになりますから、キャッシングをせず、別の方法でお金を調達したり、そもそもその買い物などをしないようにしましょう。