お金借りたい主婦、専業主婦のキャッシング|お金借りたい至急

お金借りたい主婦、専業主婦のキャッシング

お金借りたい主婦、専業主婦のキャッシングの注意点

お金借りたい専業主婦(主婦)の方の注意点として「自分の収入があるかないか」で、選択肢が大幅に変わるということがあります。
自分の収入がある場合、どこでも借りられます。銀行カードローンでも消費者金融でもどちらでもOKです。これに対して、自分の収入がない方の場合、銀行カードローンのみとなります。

 

総量規制について

この理由は「総量規制」というものがあるからです。これは「年収の3分の1まで借りられる」というもの。簡単にいうと「年収ゼロなら、1円も借りられない」ということです。
しかし、主婦の方にとってはありがたいことに「銀行カードローンならはこの総量規制の対象外」なのです。つまり自分の収入がない主婦の方でも、銀行なら借りられるということ。

 

無収入専業主婦の人は「配偶者貸付」を利用する

このように銀行カードローンなら借りられる…ということを活かして、無収入の専業主婦の方は、「配偶者貸付」というシステムを活用します。これは「旦那さんに収入があれば借りられる」というものです。
そのために書類を提出します。まず住民票。これは「婚姻関係を証明するため」です。住民票以外の書類でもいいですが、面倒な書類なので住民票が一番いいです。
そして「配偶者の同意書」が必要です。このキャッシングに配偶者は同意している…という証明書です。これなしで借りられる銀行も、UFJ、みずほ、楽天などいくつかあります。夫の同意を得にくい場合は、これらの銀行でかりましょう。

 

パートの人の場合はどうするか

パートの方は、年収が60万程度あるなら、どこからでも問題なく借りられます。多少限度額がサラリーマンの方より小さくなるかも知れませんが、それでもピンチを切り抜けるのに必要な金額くらいはすぐに借りられるでしょう。自分の収入がある主婦の方は、やはり強いです。

 

 

主婦、専業主婦のキャッシング事情

最近では日本人全体からキャッシングやカードローンに対する抵抗感が薄れたということもあり、主婦や専業主婦の方でキャッシングを利用するケースも増えています。特に最近は昔と違い、パート・アルバイトを一切しない完全な専業主婦の方というのが減ってきたこともあり、自分の収入によって審査に通り、借り入れをできる主婦の方が増えたように見受けられます。
今後も主婦の方々のキャッシングは増えていくでしょう。ただ、当然ですが正社員でない以上安定はしていないので、借りすぎには注意する必要があります。