すぐにお金借りたい人は必ず通りたい!キャッシング審査に通るコツ|お金借りたい至急

キャッシングの審査に通るコツ、ポイント

これはまず「必要書類をすべてそろえておく」ということ。本質的な部分では年収や職業、現在の借入総額などの「すでに決まっている部分」で審査されるので、それほど大きな影響はありません。それでも、何かコツやポイントがあるとしたら、やはりまずこれでしょう。

 

どんな必要書類があるのか?

普通の場合、身分証明書だけです。運転免許証など1種類だけでいいですが、保険証など顔写真がないものの場合2種類要求される業者が多いです。なので、とりあえず、何でも2種類用意しておけばいいでしょう(パスポートや住民基本台帳カードなど)。
収入証明書は、50万円など一般的な借入金額の範囲内であれば、大抵は不要です。自営業の方など、不安定な職業な方は必要になりますが、普通は無しで借りられます。

 

 

自分の収入がない専業主婦の場合、住民票が必要

自分の収入がない専業主婦の方の場合、銀行カードローンで「配偶者貸付」という制度を利用します。これは「自分の収入がないけど、配偶者の収入で借ります」ということ。そのため、「婚姻関係の証明」が必要になります。
その「結婚証明」として住民票を提出するわけです。住民票以外の書類はやたらマニアックで面倒なので、住民票でOKです。

 

 

銀行によっては、「配偶者の同意書」も必要になる

三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、東京スター銀行、楽天銀行などの銀行の場合、配偶者の同意書なしで借りられますが、他の銀行の場合は、「配偶者の同意書」が必要です。住民票にプラスして、これも用意するということです。用意するには当然夫の許可がいります。これは無理という方も多いでしょう。なので、銀行カードローンから借りるにしても、選ぶ銀行を間違えると、このように必要書類でつまずく、…ということになるのです。なので、銀行選びは大事です。(金利や限度額より、こっちの方が大事ですね)

 

 

消費者金融の場合、在籍確認必須の貸金業者を避けるべき時も

消費者金融のなかで、アイフルは在籍確認が必須です。書類を提出して代わりにする…ということはできません。なので、たとえば土日祝に休みの職場だと、土日祝は確認電話ができないわけです。つまり、この日は即日借り入れできません。

 

…となると、こういう時即日借り入れしたいのであれば、プロミスなどでは電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐに相談すれば対応してくれます。アコムもできますが、限度額10万円以下という条件があります。