お金借りたいけど内緒でキャッシングしたい人|お金借りたい至急

内緒でキャッシングする方法

内緒でお金を借りるというのは実は簡単です。というのは、ほとんどのカードローンやキャッシングで、内緒で借りるというのが前提になっているからです。彼らとてサービス業ですから、当然お客さんが望んでいることはできるだけ満たすようにしています。そして、そのお客さんが「秘密で借りたい」という希望を持っている以上、当然それに出来る限り答えようとするわけです。

家族にバレてしまうケースとは?

まず、自分の収入がない専業主婦の方が誰にも内緒で借り入れする時、銀行カードローンしか借りられません。消費者金融ではNGです。
この場合、銀行で借りる時に何が必要かというと「配偶者の同意書」というものが必要になるのです。「この配偶者の収入から借ります」「配偶者も同意しています」という書類ですね。これを勝手に代筆するわけには行かないので(バレたら大変なので)、この場合、旦那さんにバレることになります。

 

配偶者の同意書なしで専業主婦が借り入れする方法

実はあります。配偶者の同意書なしで借りられる銀行があるのです。三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、楽天銀行、東京スター銀行…などです。特にみずほ銀行と三菱東京UFJ銀行はメガバンクだから安心ですしUFJに至っては、土日・祝日でも即日融資できるという、消費者金融のようなサービスの良さです。
なので、あえて三井住友銀行とか配偶者の同意書が必要な銀行カードローンを選ばない限りは、夫にバレるということもないわけです。

 

遅延すると、ハガキなどが来てバレることも

年金などの支払でもそうですが、遅延が続くとハガキや電話で督促が来ます。こうなると当然、家族にバレる危険があります。この遅延というのも、相当な長期間遅れない限りは大丈夫です。ちょっと遅れる分にはこのような督促をされることはないので安心してください。
(要するに、普通に利用している限り、家族などにバレることはないということです)

 

申し込みの段階で、自宅に電話がきたり、郵便物がきたりしてほしくない場合は

申し込みの段階での確認電話というのは、自宅ではなく職場にかかります。プロミスでは電話での在席確認に対してご要望がある場合は、申込完了後すぐに相談するとしっかり対応してくれます。

 

このように、現代のキャッシングというのは「バレないで」利用できるようにいろいろ考えられています。