お金借りたいブラックの人へのアドバイス|お金借りたい至急

キャッシングの世界での「ブラック」とは何か

これは「過去に返済トラブルを起こしたことがある」…ということです。正式にはカードローンの世界にブラックリストというものは存在しないと言われています。しかし、信用情報というこれまで返済の履歴は管理されていて、問題のある人は記録されている…ということです。これは事実上「ブラックリスト」と言っていいでしょう。表現の違いだけで、中身はそうです。(また、実際にそうして返済トラブルの履歴を管理し、共有するのはいいことです。業者にとっても、利用者にとってもです)

 

お金借りたいブラックな方へのアドバイス

このようなブラックリストに入ってしまった方へのアドバイスとしては、まず「タイプが違う貸金業者から借りる」ということが言えます。つまり、カードローンで返済トラブルを起こした方はクレジットカードで申し込みをし、クレジットカードで返済トラブルを起こした場合は、銀行カードローンで申し込む…という風です。

 

貸金業者のジャンルを変えるということですが、これによって、何で審査に通る確率が上がるのでしょうか?

 

貸金業者のジャンルごとに、信用情報機関が違う

たとえばクレジットカードはCIC、消費者金融系はJICC…という風にメインで管理する信用情報機関が違っています。実際には完全に分かれているわけではなく、それぞれある程度かぶっているのですが、それでも、信用情報機関が違えば、管理する情報がだいぶ違います。
ですから、貸金業者のジャンルを変えることで、審査に通る可能性があるのです。ただ、あくまで可能性ですし、返済トラブルの深刻さによっては、このような小手先の手段では通らないということもあります。

 

そもそも、貸金業者はあなたを守ろうとしている

このように「借りられない」となると何かイジワルをされているように思うかも知れません。しかし、貸金業者としてはお金をできるだけ貸したいのです。それを禁じられているのは、国の法律があなたを守ろうとしていて、貸金業者がそれに従っているからです(事実、守ろうとしないヤミ金融業者は、ブラックリストに入っている人に平気で貸し出します)。
ブラックリストに入っていてカードローンを利用できない…という場合は、それは神の声だと思って受け取るようにしましょう。しっかり稼いで、お金を使わない生活をして、人生をしっかり管理しろ…と神が言っているのです。神といっても別に何の宗教でもありませんが…。