どうしてもお金借りたい人のキャッシング方法|お金借りたい至急

どうしてもお金借りたい人のキャッシング方法

過去に返済トラブルを起こした方が、審査に通るコツ

過去に利用したクレジットカードやカードローンで、返済トラブルを起こしてしまった…。しかし、またどうしてもお金借りたい…という場合もあるでしょう。その場合どうやったら審査に通るのか?

 

まず、信用情報を管理している組織が違うところを選びます。簡単にいうと、「クレジットカードで返済トラブルを起こしたなら、次の申し込みはカードローンにする。カードローンで返済トラブルを起こしたなら、次はクレジットカードで申し込む」…という風です。

 

なぜこれで審査に通りやすくなるか?

絶対通るというわけではありませんが、小さな返済トラブルだったら、これでOKになることが多いです。というのは、このように貸金業者の種類が違うと、信用情報を管理している「信用情報機関」という組織が違うため
日本の信用情報機関は3種類あります。JICC、CIC…などです。それぞれ消費者金融、銀行、クレジットカードとメインの担当が違うので、そのジャンルが違えば、小さい返済トラブルの情報だったら「共有されていない」可能性があるのです。

 

審査に通過しやすい人のポイント

審査に通過しやすい人は、

  • 「年収が多い」
  • 「職業が安定している」
  • 「勤続年数が長い」
  • 「自宅の居住年数が長い」
  • 「他社での借入残高が少ない or ない」
  • 「過去にコツコツ返済している(返済実績がいい)」
  • 「持ち家で自分名義、住宅ローンもない」

…などです。
書いていくときりがないくらいたくさんありますが、要は世間的に見て「この人は信用できそうだ」という人はOKということです。ちなみに、やる気のあふれる自営業の方よりも、公務員が信用されるという特徴もあります。

 

どんなキャッシングが利用しやすいか

まず、審査に通りやすいことです。たとえばアイフルは便利な消費者金融ですが、審査の時に職場への在籍確認が必須…という欠点があります。もちろん、これは大事なことなのですが。職場によっては土日・祝日動いていないということもあるでしょう。そういう日に借りたくなったら、アイフルでは借りられないのです。他の消費者金融は全部大丈夫です。